給料が少なくても貯金頑張る方法

“以前やっていた仕事のお給料は、基本給が6万円で出来高制度でした。月収は手取りで9万円?30万円と幅広く年収は250万円行くかどうかでした。
その時の仕事によっては交通費や食費が支給されたりする場合もありましたが、通常は有りません。
勤務時間もバラバラだったので、1人暮らしをしていました。
家賃、光熱費で6万円でした。
年間の収入の予算を予測して、月に家賃など含めて12万円を生活費として設定し使う様にしていました。
交通費、電話代、交際費3万円、食費、雑貨品で3万円を固定していました。
月収で手取り12万円を越えた場合は、越えた分を貯金していました。
月収が10万円の時や、急な出費に備えて越えた分を2分割して、よく利用する銀行と、窓口で手続きしないと引き出せない口座に分けて貯金をしていました。

たまに、30万円位の月収になる時があり、その場合は12万円を引いた18万円を2分割なので9万円づつを別々の口座に貯金すると言った感じでした。

そうやって、コツコツ貯めたおかげで給料が少なくても毎年40万円?45万円を貯める事が出来ました。

贅沢は本当に出来ず、スターバックスなどでコーヒーも躊躇っていました。
今は専業主婦ですが、その時の節約術を活かして、夫の少ない給料でもなんとかやり繰りする事が出来ています。”